MF文庫J オフィシャルウェブサイト めくり、出逢う、おもしろさ! 毎月25日発売!!

MF文庫J オフィシャルウェブサイト めくり、出逢う、おもしろさ! 毎月25日発売!! MF文庫J オフィシャルウェブサイト めくり、出逢う、おもしろさ! 毎月25日発売!!

ライトノベル新人賞

募集要項 第0回発表 第1回発表 第2回発表 第3回発表
第4回発表 第5回発表 第6回発表 第7回発表 第8回発表
第9回発表 第10回発表 第11回発表 第12回発表
第1回 MF文庫J ライトノベル新人賞受賞作 発表
イラスト:放電映像
該当作なし
『自己中戦艦2年3組』秋鳴 (26歳) 兵庫県
『ネクラ少女は黒魔法で恋をする』熊谷雅人 (21歳) 島根県
『彼女はこん、とかわいく咳をして』名波薫2号 (28歳) 岩手県
『ゴーレム×ガールズ』大凹友数 (20歳) 宮城県
『ロックスミス! カルナの冒険』月見草平 (27歳) 静岡県
『クリスマス上等。』三浦勇雄 (22歳) 北海道
『どっちがネットアイドル?』周藤氷努 (33歳) 東京都
『蟲と眼球とテディベア』日日日 (18歳) 千葉県
総評
結論から言えば、残念ながら選考委員のだれもが納得する最優秀作品は出せなかった。佳作8作品はどれも魅力的であると賞賛される一方、容赦なく課題を指摘される場面もあり、選考委員の評価も大きく分かれた。逆に言えば、バリエーションに富んだ個性的な作品が出揃ったといえる。そのなかで、物語としての完成度が一歩抜きん出ていた『自己中戦艦2年3組』が優秀賞に選出された。また、審査員特別賞を設け、『ロックスミス! カルナの冒険』『どっちがネットアイドル?』『クリスマス上等。』の3作品が選ばれた。すでにプロデビューを果たしている日日日氏の『蟲と眼球とテディベア』については、編集部の判断で編集長特別賞を授与することとした。
優秀賞『自己中戦艦2年3組』秋鳴
作者コメント
このコメントを考えている最中にも「マジで 俺が受賞? マジで?」と発作的に現実を疑ってしまうことが何度もありました。失敗以外の結果というものにあまり馴染みがないせいでしょうか、戸惑いと信じられないという気持ちが胸の中で暴れ続けています。
 でも、嬉しい。本当に嬉しいです。私の作品を受賞に導いてくださった方々に、心から感謝いたします。常に向上心を忘れず、今度もっと面白い作品を生み出せるように頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。

審査員コメント
伏線の回収といった当たり前のことが当たり前に出来ていることを何より評価したい。オーソドックスな創作を堅実に行い、自分が書いた一文一文に責任を取り、またそれを無闇に誇示しない謙虚さがある。「センスが古い」「キャラが立っていない」「突出したものがない」といった難点が挙げられたが、いずれも後から付け足せる要素である。逆に言えば、改稿を重ねたり新たな作品に取り組む際の課題が明確であるという点で、今後の成長が期待できる。ただし選考委員全員の一致した意見として、まだまだ最優秀賞を与えられるほどの力はない。是非とも、この受賞作より遙かに高いレベルへと、一歩ずつ確実に歩んでいって欲しい。(冲方丁先生)
審査員特別賞『ロックスミス! カルナの冒険』月見草平
作者コメント
昨年の暮れ、編集部様より佳作受賞の連絡があったことを携帯で友人に伝えたところ、時節柄「それ、オレオレ詐欺じゃろ」と言われました。広島弁で。この作品を評価して下さり、本を出すチャンスを与えてくださった皆様方。改稿、出版にあたり尽力してくださった皆様方。本当にありがとうございました。切磋琢磨して面白い小説を書きますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

審査員コメント
たくさんの応募作品の中でも、とりわけ「ど真ん中」に書かれていたのが「ロックスミス! カルナの冒険」だと思います。細分化され、複雑になっていくライトノベル群において、どこまでもわかりやすく誰にでも楽しめるような作風が評価されました。キャラクターや設定の甘さを指摘される声もありましたが、それを補うほどの「安心感」を持っていると僕は思います。ただ、あまりにも普遍的過ぎて、既に作風が色褪せているようにも見えました。媚びるということではなく、今の読者さんの関心を引くよう色を足せば、もっと鮮やかな作品になるのではないでしょうか。(桑島由一先生))
審査員特別賞『クリスマス上等。』三浦勇雄
作者コメント
どうもこんにちは。この度審査員特別賞をいただいた三浦勇雄です。とても光栄です。審査員の皆様、本当にありがとうございます。こんな僕を拾ってくれるなんて、MF文庫は素晴らしい会社です。MF文庫様様です。一家に一冊どころか一家にMF文庫全冊です。全冊どころか一冊も持ってない人は大変です。やばいですよ。貯金がゼロなくらいやばいですよ。だから買いましょう。人生の貯金です。…つまり、その、僕の本も…。。

審査員コメント
この作品、拙い処は一杯あります。登場人物の造形の不安定さ、薄さ、取り込んだ知識の使い方の捻りの無さ。まだまだ技術的には未熟。けれども「自分は全力で読者を楽しませる!」という原初的な、しかしついつい忘れがちな「熱さ」が最もこの作品には在った様に思います。「ありがちでナンパな作品だよなあ」と思ってしまう様な導入部からいきなり急転する展開や、恐らくは自分が読んで面白いと思った手法を積極的に取り入れて作られた文章など。エンターテイメント小説の基本、「自分の文章の向こうに読んでくれる読者を見る」「自分の面白いと思ったものを他人にも伝えて共有する」事を一番誠実に意識している様に私は感じました。(榊一郎先生)
審査員特別賞『どっちがネットアイドル?』周藤氷努
作者コメント
興奮しております! このたび嬉しくも審査員特別賞を受賞させて頂きました。未だに信じられませんが、どうやら現実の出来事のようです。ありがたくて視界がかすんでおります。この作品は、元気な女の子が暴走し、主人公が巻き込まれ、謎のロボットがあっはっはと笑う、平和なお話です。本業のIT関係の知識を生かしたつもりです。インターネットの素晴らしさを説いております。嘘です。とにかくよろしくお願 いします!

審査員コメント
あほみたいな話で、熱い魂も鋭い洞察も切ない涙もとくに何もない。エッそれでいいの?いいじゃんみたいな軽薄な調子で進んでいく、まさにライトノベル。ライト過ぎてもう少し奥行きが欲しいとも思ったが、お話としては成り立っているし、キャラは基本的に前向きで可愛い。うっかり手にして、くだらないと思いながらも全部読んでしまって気づいたら手元のお菓子がカラで、しまったテストの勉強するはずの時間をこんな本に使っちゃったよ、けどまあいっか、みたいに気軽に楽しめる感じが良かったです。作者が物語を楽しみながらも距離を取り、余裕をもって書いているように読めるので、こちらも入っていきやすかったのだと思います。(清水マリコ先生)
編集長特別賞『蟲と眼球とテディベア』日日日
作者コメント
日日日です。誤植じゃないです。そういう名前なんです。今日は編集長特別賞受賞のコメントということで、素直に感想を書いてみようと思います。ありがとうございます、という月並みな言葉しか思い浮かびませんが、とりあえず、受賞というのはスタートラインでしかないわけで、「これからもがんばります」というのが今の正直な気持ちです。とりあえず、これからも小説を書いていいと許されるかぎり、できるかぎりで面白い本をつくっていきたいです。うーん、ネタに走らないコメントというのも難しいですね。厄介な縛りをかけられたものです。

審査員コメント
作品応募時には新人賞の資格を有していた日日日氏だが、最終選考時にプロデビューを果たしていたため、新人賞の趣旨を鑑みて選考委員による審査の対象外とした。第一回から異例となったが、類まれな才能を発揮した氏ならではの結果とも言える。内容に関しては、表現、構成とも荒削りな面があるものの、キャラクターが強烈で、その魅力で最後まで引っ張っていくパワーがある。完全にグリコにやられてしまった。(MF文庫J編集長)
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞 第三次予備審査結果発表(応募総数123作品)
■佳作■
『クリスマス上等。』三浦勇雄(22)北海道
『ネクラ少女は黒魔法で恋をする』熊谷雅人(21)島根県
『自己中戦艦2年3組』秋鳴(26)兵庫県
■第二次選考通過■
『リトレジ』門一慶 (32) 埼玉県
『叶依、地獄へ行く』右ノ木ミネ (21) 東京都
『願いごとは三回』四辻笹原 (28) 宮城県
『ピアノファイター安藤くん』愛妻ミサオ (31) 福井県
■第一次選考通過■
『スモールスケール65536分の1』佐藤太一 (29) 神奈川県
『心より哀を込めて』井上堅二 (24) 栃木県
『マジンのランプ』浅草文芸 (?) 東京都
『勇者学園』宇野涼平 (22) 東京都
『かくレび』辻屋大目 (17) 静岡県
『無色のキャンバスに夕焼けの空を』鈴木真琴 (27) 東京都
『火星イチゴが甘くなるまで』穂史賀雅也 (31) 東京都
『この鼓動、届いているか?』水越みづき (18) 奈良県
『分かれた耳飾り』冴実綾希子 (20) 東京都
『綿帽子のこどもたち』芥生時古 (28) 愛知県
『かえりみるデスティニーマン』磨聖 (24) 兵庫県
『原動機付武神建御雷之男神』八薙玉造 (25) 大阪府
『荒川電器店物語』すしてん (19) 埼玉県
『ピリッとスピリット』矢口武 (22) 新潟県
『キミノフネ』吉野兵衛 (24) 東京都
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞 第二次予備審査結果発表(応募総数123作品)
■佳作■
『彼女はこん、とかわいく咳をして』名波薫2号(28)岩手県
『ゴーレム×ガールズ』大凹友数(20)宮城県
■第二次選考通過■
『人形たちは偽りにまどろむ』三井恭孝 (24) 奈良県
『月下武人ダブルインパクト』落合文吉 (29) 東京都
『所有財産いもうと』新出姉妹 (22) 神奈川県
■第一次選考通過■
『LAST RANSEL LINERNOTES』八方香佑 (24) 北海道
『かてきょ・わるぷるぎす』北元あきの (22) 兵庫県
『宮廷大貧乏劇!』実山東 (20) 沖縄県
『奈良県橿原陰陽寮!』渡辺はじめ (32) 愛知県
『やさぐれ天使とHidden blues』小谷方甚六 (26) 福島県
『バースト!』沢渡結城 (34) 神奈川県
『鎖の夢、殲律の歌』いでいひるね (18) 長野県
『隻翼の海鴎』新高太郎 (30) 兵庫県
『Present WORLD』和泉悠一 (25) 東京都
『Lost Tride~少女はその日、人と出会う~』月田竜 (20) 愛知県
『姫神退魔行』門一慶 (31) 埼玉県
『風が奏でる星の調べ』神岳雫 (34) 山口県
『ソラアイ』霧原菜穂 (20) 福岡県
『ドラスティックガールフレンド 火の粉をまとう転校生』長岡健 (25) 長野県
『呪う魔女と少女たちの不幸神話』那連儀遙 (24) 京都府
『釣りッキー』田辺 (16) 兵庫県
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞 第一次予備審査結果発表(応募総数103作品)
■佳作■
『蟲と眼球とテディベア』日日日(18)千葉県
『ロックスミス! カルナの冒険』月見草平(27)静岡県
『どっちがネットアイドル?』周藤氷努(33)東京都
■第二次選考通過■
『そして彼女は微笑んだ』宇野涼平 (21) 東京都
『タルコリの風の便り』佐藤享 (23) 東京都京都
■第一次選考通過■
『有限会社オカルトブレイカーズ』相川大地 (23) 栃木県
『マシン・チェンジャー』九篠直綺 (29) 福岡県
『LONGINUS』北元あきの (23) 兵庫県
『チェック!メイト』四國博士 (26) 徳島県
『YOU&i.v.s.THE WORLD』三浦勇雄 (21) 青森県
『犠牲の片腕』二尋司 (32) 大阪府
『世紀末まで待ってくれ!』boku (19) 大阪府
『異世界の権力者』松原和宏 (24) 岐阜県
『Howling Busters』日向祥一郎 (28) 神奈川県
『薔薇色事件簿』茉莉花 (28) 埼玉県
『勇者のお供』七雲ガク (32) 宮崎県
『魔王のおめざめ』沢渡結城 (34) 神奈川県


前回までのライトノベル新人賞: 第11回 | 第10回 | 第9回 | 第8回 | 第7回 | 第6回 | 第5回 | 第4回 | 第3回 | 第2回 | 第1回 | 第0回